初詣スポット
大宝八幡宮全景
公園名

大宝八幡宮

(だいほうはちまんぐう)
公園住所 茨城県下妻市大宝667
アクセス(電車)
  • 関東常総線 大宝駅 約0.2km
アクセス(車)
  • 首都圏中央連絡自動車道 つくば中央I.C 約23.8km
  • 北関東自動車道 桜川筑西I.C 約24.5km
  • 常磐自動車道 土浦北I.C 約24.5km
備考 茨城県下妻市にある大宝八幡宮(だいほうはちまんぐう)は下妻市の中心からやや北のあたり、関東鉄道常総線の大宝駅から徒歩3分の場所に立地している、関東最古の八幡さまと呼ばれる八幡宮です。
 701年(大宝元年)に筑紫(つくし)の宇佐神宮が勧請されたのが始まりで、厄除、交通安全、家内安全、商売繁栄、安産祈願などの御利益があると言われています。
 本殿は天正の頃の建築の資料として国の重要文化財に指定されています。
 本神社の鳥居内に「ゑびすや」というお食事処があり、八幡宮名物「厄除けだんご」や地元のお土産などを取り扱われているようですので、参拝の際に立ち寄ってみるのも良いでしょう。
拝殿と社務所 神門 神楽殿
拝殿と社務所 神門 神楽殿
三の鳥居 鳥居 近隣商店街と朱の鳥居
三の鳥居 鳥居 願事が記載された御神石(ごしんせき)
お問い合わせ先